ゲーム ブレフロ

ブレフロの物語(ストーリー) 〜アトロ編〜

投稿日:2015年1月23日 更新日:

アトロ

アトロの物語(ストーリー)

神々に滅ぼされたラ・ヴェーダ共和国出身の剣士。後に六英雄の一人に数えられる。孤児であった彼は修道院で育てられ、自身も修道士になることを望んでいた。しかし、盗賊団に修道院が襲われた際に、木の枝で全員を撃退した彼をみて、修道院長にヴェーダ剣術の大家のもとへ行くよう勧められる。大恩ある修道院長の言葉に従い、アトロは剣士としての道を歩みだしていった。

育ての親である修道院長の勧めに従い、ヴェーダ剣術大家の元で修行を積んだアトロは、早々にその剣才を開花させた。その剣技の鋭さはもちろん、修道院で育ったことにより身についた清廉さもあり、早くも“剣聖”と呼ぶ者も現れていた。しかし、本人は意識することもなく日々修練を重ね続けていく。

聖蹟に刺され誰一人抜くことのできなかった光剣ユリアスを抜き、名実ともに剣聖と呼ばれるようになった。神々に鍛えられた剣と伝えられるユリアスの威力は絶大だったが、剣聖の名を求め挑んでくる剣士たちとの戦いで、アトロがその剣を抜くことは決してなかったと伝えられている。

神々の侵攻後も戦いが本当に正しいのか苦悩していたが、育った修道院が神々によって破壊されたことにより、徹底抗戦を決意する。その戦いぶりにかつての優雅さはなく、眼前に現れた神を怒りのままに切り伏せる姿は、剣聖の名とは程遠い修羅のようであった。

育った修道院を破壊されたことで怒りにまかせ修羅のごとく戦い続けたアトロだが、その最中、伝説の光剣ユリアスが折れてしまう。衝撃とともに我に返ったアトロは、己の未熟さを恥じ、再び民衆を守るために剣を振るうことを光剣に誓った。その決意とともにユリアスは眩い光を放ち、今まで以上の神々しさを備え蘇ったと伝えられている。

一度聖剣を失い我に返った彼の前に、1人の騎士が現れる。騎士がある言葉を告げると、アトロは苦悩の表情を浮かべながらも剣を振るい続けた。しかし、クダが子供たちを人質にとると、静かに騎士の刃を受け入れる。瀕死の英雄は、クダが人質を放した瞬間、クダに光剣を投げ貫くと、その場で崩れ落ちた。アトロが騎士に告げた最期の言葉は「子供たちに明るい未来を」であったという。

幻創進化

もしも六英雄が協力し神々を退けていたら、彼がかつて師と仰いだ者のように、自身の剣技を世に広めるため、各地を旅して周る未来があったかも知れない。自身より子供たちの未来を常に憂いていた彼であれば、その剣技のみならず、彼の思想や理想をも受け継ぐ弟子たちが数多く生まれたことだろう。“剣聖アトロ”の名が継承され、永き未来に渡ってその存在が輝き続ける様は想像に難くない。

アトロの物語(ストーリー)に登場する人物

クダ

報酬次第でどんな依頼も受けると噂された暗殺者。高額な報酬を要求されるが、仕事を仕損じたことが無いため、一部の者にその能力を重宝されていた。クダの暗殺術は、彼以外には扱える者がいないと言われる鞭のような剣を使う。クダの名とその行状、そして特異な武器は暗殺者という職に不適切なほど有名だが、彼の顔を見て生きていた者がいないため、そのすべてが噂の域を出ることがない。

神々との戦いが始まると、クダは突如として各国の要人を次々と暗殺した。当初、人々はこれを彼の仕業と思っていなかったが、これは神がクダに依頼した暗殺であり、人間を滅ぼした後も彼だけは生かすことが報酬であるという噂が流れ始める。この噂は、神々が流した情報戦略であるとも、クダ自身が罪の意識を感じて自ら流したとも言われている。

幾度も六英雄アトロの命を狙ったと記録されている。大戦末期、修羅の如く戦うアトロの光剣を折り窮地に陥れるが、その際、 追撃を行わずその場を離れるという不審な動きをしている。各国の軍の一部が、神軍の作戦を知っているような動きをした時期があり、クダは神軍の動き探るために内部に潜り込んだ間者だとする説は、この行動が理由となっている。

PR

PR

-ゲーム, ブレフロ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

sakatsuku_logo

【サカつく攻略】18年目終了。戦力強化の1年。

2年目を迎えた「レンディル三郷」。 戦績は前年と変わらずJ1優勝とワールドプレミアシップD2 3位。 全体的に特に動きのない1年でした。 強いて言えば補強。 ドルトムントに残ったままだった、川口能活を …

ブレイブフロンティア

ブレフロの物語(ストーリー) 〜亡国の姫君と炎の騎士編〜

亡国の姫君と炎の騎士の物語(ストーリー) 亡国の姫君と炎の騎士 アルス バリウラ辺境に存在した小国出身の剣士。幼少の頃より強大な力を持っていたが、その力の暴発により妹を傷つけてしまい、自身で力を封じ、 …

ブレイブフロンティア

ブレフロの物語(ストーリー) 〜マグルス編〜

マグルスの物語(ストーリー) 神々と最も激しく戦い滅んだバリウラ帝国の騎士。後に六英雄の一人に数えられる。騎士団の息子として、幼少の頃よりバリウラ帝国の悲願である大陸統一の思想を叩き込まれる。16歳の …

ブレイブフロンティア

ブレフロの物語(ストーリー) 〜呪われし炎鎧編〜

呪われし炎鎧の物語(ストーリー) 呪鎧に囚われた元騎士 ヴィシュラ 元は帝国に仕える騎士であったが、偶然手に入れた”ヴィシュラ”という名の甲冑が彼の人生を変えた。この鎧は身に纏 …

ブレイブフロンティア

ブレフロの物語(ストーリー) 〜セレナ編〜

セレナの物語(ストーリー) 神々に滅ぼされたサーマ王国出身の女剣士。後に六英雄の1人に数えられる。海洋流浪民自治区サヴァトの族長の家系に生まれ。幼少の頃より伝統の長剣技を叩きこまれて育った。その才能は …